« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

第28回 WeiWei さん IN 「English」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第28回 WeiWei さん IN 「English」

今回のテーマは、WeiWeiさんの英語でのインタビューの時のレポートです。

先日、ある夢を見ました。
(私事、というのとはちょっと違いますが、いつもの「閑話休題」とも違います・笑)それは、今回レポートする『JAPAN TODAY』のインタビューの事が印象に残っているせいで見た夢である事は間違いありません。

夢の冒頭は、『JAPAN TODAY』のインタビューをしてくれたクリスさんが登場し、WeiWeiさんに英語で質問しています。
「来日して20年という事ですが、日本に来て一番印象に残っている事は何ですか?」と「英語で」聞きました。
すると、WeiWeiさんが「日本に来た初日の事が一番印象に残っています」と答えるのですが、そう答えているのは私には理解出来ているのですが、不思議な事にWeiWeiさんが喋っているのは英語でも日本語でも、そして中国語でもない、摩訶不思議な言葉でした(笑)。
それを聞いて、私はとても焦ります!
インタビューの最中なので、言葉には出さないのですが、「そんな言葉では、クリスさんは分らないよ!」と、心の中で叫んでいました。
考えてみれば、そんな「訳分からない言葉」を私が理解していること自体変なのですが(笑)、不思議と相手のクリスさんも理解して、次の質問をしているという状況で進んで行くのです。

私はハラハラドキドキ、「居ても立ってもいられない」と思いつつ、何の問題も無くインタビューは、「英語で質問」「摩訶不思議な言語で答える」という状況のまま進んで行くのです。

しばらくすると、今度はクリスさんもその訳分からない言葉で質問を始めます。
その頃になると、私にはクリスさんとWeiWeiさんが何の話をしているのか、さっぱり分らなくなってしまうのです。
私は、「居ても立ってもいられない状態」から「立っても寝てもいられない」状態になってしまいました(笑)。

そして!
困り果てた私は、たまりかねてその二人の会話に割って入ろうとした、その時、ビックリして言葉を失ってしまうのです。

なぜなら、インタビューをしていたクリスさんが、いつの間にか「プレデター」のような「宇宙人」に変身していたのです!!(笑)


そこで、目が覚めました!

しばらく「呆然」としていたのですが、突然おかしくなって、一人笑っていました。

以前、WeiWeiさんのブログで、「生まれ変わるとしたら、中国人でも日本人でも、ましてフランス人とかでもなく、宇宙人が良い」と書いていました。

しばらく、寝ぼけた頭で笑い呆けた後、思いました。
「国や地域に関係なく、『音楽』は宇宙にまで届く『言葉』なんだな~」なんて、寝ぼけた頭で考えて、少し嬉しくなった私でした(笑)。

ーーーーー

相変わらず「前置き」が長くてすいません。
英語でのインタビューの話に戻ります。

『JAPAN TODAY』より少し前に『メトロポリス』という、いろんな店舗に置いてある英語のフリーペーパーでもインタビューを受けました。
『メトロポリス』も『JAPAN TODAY』も3月下旬から4月にかけて発行されるので、みなさんに是非手に取って見て下さいね。

『メトロポリス』の時には、インタビューしてくれたダンさんが「英語と日本語のどちらが良いですか?」と質問してくれて、WeiWeiさんも「日本語でお願いします」と答えていたのですが、今回の『JAPAN TODAY』は最初から最後まで、全部英語でした。

WeiWeiさんにとって、得意な順番でいうと「上海語」>「北京語」>「日本語」>「英語」だと思います。
それにしても、一番苦手な英語でも、ネイティヴのクリスさんの質問にほとんど「パードン?!」と言う事も無く、答えているWeiWeiさんは凄いです。

私は中国語はまったく分りません。
英語も喋れませんが、インタビューの内容は聞いていてある程度分りました。

来日20周年の話、音楽性の話、二胡の話、『Back to the・・・』の話、etc・・・
インタビューの内容は、WeiWei Wuuというアーティストを掘り下げて、とても充実した内容でした。

面白かったのは、WeiWeiさんが「英語で会話」している時は、「頭の中が英語になっている」という事です。
私にまで英語で語りかけられて面食らいました(笑)。
きっと、言葉が違うと、感性も変わるんでしょうね?!
私と日本語で話している時より、「YES,NO」がハッキリしている感じでした。
そういう意味では、日本語より英語の方が中国語に近い気がします。

実際、時々WeiWeiさんが言います。
「日本語の『ニュアンス』が分らない」と。
確かに、日本語は『ニュアンス』というか『雰囲気』というか、そんな『曖昧』な感じを大切にしますよね?
おそらく「国民性」なのでしょう。
英語より日本語の方が得意なのに、WeiWeiさんにとっては「日本語の方が難しい」と感じているのかも知れません。

インタビューが終わって、WeiWeiさんに言いました。
「全部英語で話すなんて、やっぱり凄いですね!」
すると、WeiWeiさんが答えました。
「いやいや、冷や汗ものでしたよ。」

もう一つ感じたのは、日本人にとっての二胡に対する感覚と、欧米人の二胡に対する感覚は、明らかに違うと思いました。
それこそ、「ニュアンス」の表現で分りづらいかも知れませんが、
「日本人にとって『二胡』は、『中国』を感じますが、欧米人にとって『二胡』は『アジア』を感じる」と言う事です。
なぜ私がそう感じたのか、説明が難しいのですが、それこそ「ニュアンス」を汲み取っていただければと思います(笑)。

ーーーーー

さて、今回も長くなってしまい、まとまりがなくなってしまいました。
今回はこの辺で。
次回もよろしくお願い致します。

芸術は爆発だ!!


 
♪♪♪♪♪♪
 

(2011.2.27)

2011年2月20日 (日)

第27回 WeiWei さん IN 「World Collaboration Night!」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第27回 WeiWei さん IN 「World Collaboration Night!」

今回のテーマは、17日に終わったばかりの「World Collaboration Night!」のご報告です。

っと、その前に「閑話休題」です。
先日、WeiWeiさんから聞いた話です。

このメルマガでは、WeiWeiさんの「日本語」についていろいろ書いていますが、でも、ほとんどの日常で、WeiWeiさんの日本語を注意された事は、無いそうです。

ところが、先日、こんな事がありました。

用事があって、タクシーに乗ったWeiWeiさん。
運転手さんに行き先を告げたら、運転手さんに言われました。
「お客さん、どちらの出身ですか?」
ドキッとしました!!
「私が『外国人』だと分ったのかな?!」
「変な日本語を使っちゃったのかな??」

「どこの出身だと思います?」
と、WeiWeiさんは内心の動揺を隠して、逆に質問したら、こう言われました。

「西の方ですか? 広島とか・・・・」

WeiWeiさんは、心の中で叫びました!
「やった、私を『外国人』だと思ったわけじゃないんだ!」

WeiWeiさんは気分が良くなって、こう答えました。
「そうですね~~~~・・・・・

まあ、『中国地方』の出身です!」

どう思います?(笑)

ーーーーー

さて、また前置きが長くなってしまいました。申し訳ありません。

今回は2/17に実施された「World Collaboration Night!」のご報告です。
冒頭にも書きましたが、本当に「期待以上のライブ」でした。
二胡とバンドネオンの音色がこれほどマッチするとは思ってもいませんでした。
しかも、そこにギター、パーカッション、ベースが絡み合い、まさしく「World Wide」な音楽の世界に誘われました。

素晴らしいミュージシャンに囲まれて、お客さんはもちろん、でも、もしかしたらWeiWeiさんが一番楽しかったのかも知れません。
ただ、終演後のWeiWeiさんは、楽しかったからこそ、「もっとこうしたい、ああしたい」という「次」への希望もたくさん出て来たようです(笑)。
ぜひ、次回に期待したいところですね!!

今回のセットリストは
1 ボラーレ
2 Back to the・・・
3 アルハンブラの思い出
4 ジェットのサンバ(鳥山さんソロ)
5 カミニート(小松さんソロ)
6 土手と君と
7 アレグロ・タンガービレ
8 さくら変奏曲(WeiWeiさんソロ)
9 賽馬
10 Waltz for Debby
11 月の光り
12 スターネオン
13 リベルタンゴ
アンコール 世界遺産メドレー(風の詩~Song of life)

でした。
セットリストを見ただけで、ワクワクしますよね?!

バリエーションの広さと言い、発表された国と言い、まさしく「World Collaboration」です。

面白かったのは、まず全員の衣装。
WeiWeiさんは、白に赤い花絵柄のチャイナ風ドレス。
ピンクのシャツに黒ズボンの鳥山さん、ラメのシャツに黒のパンキッシュなズボンで登場の小松さんと、少し和風なまるでお祭りの時に着るようなTシャツのパーカッション大儀見さん、そして黒シャツに水玉模様のベース鳥越さんと、それにしてもバラバラ!(笑)
鳥山さんがMCで言っていました。
「打合せしていなかったとは言え、それにしても衣装がバラバラだね!
まさしくワールド・コラボって感じですね」
とは、言い得て妙でした(笑)。

『Back to the・・・』で小松さんが、「こんな難しい曲を!」と言ったかと思えば、WeiWeiさんと鳥山さんが、顔を見合わせて「イヤイヤイヤ・・・、この後演奏する『アレグロ・タンガービレ』に比べれば・・・・ねぇ!」と、MCの応酬も非常に楽しく和気あいあいとしていました。

何と言っても前半のハイライトは、前述の『アレグロ・タンガービレ』。
有名では無い曲ですが、『リベルタンゴ』を作曲したピアソラの隠れた名曲。
バンドネオンの小松さんならではの選曲でした。
これが、超難曲で、WeiWeiさんは、『Back to the・・・』以来、久しぶりに腱鞘炎になりかけたほどの曲でした。
興味のある人は、探して聞いてみて下さいね。

そして、後半の見所の1曲目は、何と言ってもWeiWeiさんの『さくら変奏曲』。
ブログなどで予告していた通り、WeiWeiさんの「一人オーケストラ」です。
衣装を変えて、茶系のパンツにイギリスの国旗の書かれた、ラフな衣装で登場。
ピッチカートから始まり、それを「エフェクター」でループさせながら、二胡を積み重ねて行きます。
言葉でお伝えするのが難しいのですが、要するに、一人多重演奏。
「エフェクター」で、自分の演奏を積み重ねて行って、『さくらさくら』をたった一人なのに、オーケストラのごとく広げて行きます。
「二胡の新たな可能性」として、まさしく画期的な演奏だったと思います。
今回は「初演」だったので、これからWeiWeiさんの新たな挑戦は進化して行くと思います。
今後に更に期待ですね!!

『賽馬』、『Waltz for Debby』、『月の光り』と一見、国も曲調もジャンルもバラバラな感じがしますが、このメンバーがコラボレーションすると、不思議と違和感を感じません。
逆に、音楽に国やジャンルは関係ないのだという事を感じさせてもらいました!

そしてそして、何と言っても今回の企画のきっかけとなった曲、そうです、本編最後は『リベルタンゴ』です。
言わずと知れた名曲ですが、「本家」の「バンドネオン」とアルゼンチンと真反対に位置する「中国」の「二胡」とのコラボ!!
CDでも素晴らしいコラボを実現していますが、ライブはライブの良さがあります。
ソロのバトルは、バンドネオンと二胡だけでなく、鳥山さんのギターが加わって、まさしく「バトル」!
最初は8小節ずつバンドネオン→二胡→ギターと回した後、さらに4小節ずつ2度同じ順番でソロを戦わせました。
もう、鳥肌が立ちまくりです。
曲の最後の方の、その3人の「ユニゾン」は、有り得ないほどの迫力でした!

アンコールに、小松さん、鳥山さんの新旧『世界遺産』のメドレーで締めた今回のライブ、本当にこのライブ自体が「世界遺産」並みと言ったら言い過ぎでしょうか?!(笑)
WeiWeiさんは、ライブ終了後心に誓いました。
「次回の『世界遺産』のテーマは、私が!!」


長くなりましたが、やはり言葉でいくら言っても生のライブを表現出来ません。

またこのようなライブを企画したいと思っています。
もしも今回見逃した方は、是非次回は必ずご参加下さいね。
「心の財産」になりますよ。


 
♪♪♪♪♪♪
 

(2011.2.20)

2011年2月13日 (日)

第26回 WeiWei さん IN 「エフェクター」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第26回 WeiWei さん IN 「エフェクター」

今回のテーマは、「エフェクター」についてです。

っと、その前に「閑話休題」です。
といっても、いつもの「閑話休題」はWeiWeiさんの「言い間違い」をお伝えする事が多いのですが、今回は少し違います。

WeiWeiさんの2月9日のブログに『画期的なトライ』と題して、「エフェクター」の事を書いています。
http://blog.goo.ne.jp/weiweimobile/

そのブログを読んだ私が、別件の用事でWeiWeiさんに電話した際に言いました。
「『エフェクター』じゃなくて『イフェクター』ですよ」
すると、WeiWeiさんが言いました。
「そうですか?! みんな『エフェクター』って書いてますよ!!」
WeiWeiさんにしては、珍しく語気が強かったです(笑)。
私が
「『エフェクター』って、まるで『デズニーランド』って言っているみたいで、ダサイですよ」と、自信たっぷりに言うと、すこし弱気な感じで「そうですか~?!」と言っていました。
そのまま電話を切った後、少ししてWeiWeiさんから電話が来ました。
「やっぱり『エフェクター』で良いですよ!!」
その言い方が自信たっぷりだったので、今度は私が自信を無くし、「分りました」と言ってその電話はすぐに切り、調べてみました。

確かに「イフェクター」でググると、『もしかしてエフェクター』と訂正されてしまいました!!(笑)

正直言ってビックリしました。
みなさん知ってました?
「Effect」なので、「エ」と「イ」の間の発音だから、どちらも間違いではないのでしょうが、「カタカナ」で書くと「エフェクター」なんですね!(笑)
なんだか私にとっては「エフェクター」って、凄く「ダサく」感じてしまうのですが・・・・(笑)。

しかし、確かに一般的に「エフェクター」のようなので、すぐにまたWeiWeiさんに電話をして、「すいません。間違っていました。『エフェクター』で大丈夫です」と言ったところ、「そうでしょう~~~~~!!!」と、普段この「閑話休題」で言い間違いを指摘されている「仇打ち」のように、晴れやかに言われてしまいました。

思い込みは怖いですね(笑)。
気をつけます。

ーーーーー

さて、前置きが長くなりましたが、WeiWeiさんのブログをお読みの方はご存知のように、今週のSTB139の「World Collaboration Night!」で、WeiWeiさんのソロコーナーで、「画期的なトライ」としてエフェクターを使って演奏します!!
これは、見逃せませんよ!!

『五星旗』でエレクトリック二胡を開発したり、本来座って弾く二胡を立って演奏する方法を考えだしたり、伝統楽器の二胡をロックの世界にまで広げて来たWeiWeiさん。
また「新たな二胡の可能性」の展開の始まりです。

普段のコンサートでも、クラシックホールのような残響感を出す為に、音響さんにお願いして、二胡の音に「リバーブ」をかけています。
その結果、二胡の「生音」に「ふくよかさ」が出て来るのですが、それと「自分でエフェクターをかける」というのは、ぜんぜん意味が違います。
会場の「音響」としてではなく、「自分の出す音」を変えているのですから、意味が違って当たり前ですよね。

今回エフェクターを使用する意味は、「一人での演奏」の幅を広げる為です。
二胡は「和音」が出せません。
二胡という楽器の「生音」が素晴らしいのは当然ですが、それを基本にして更に演奏の幅を広げる為に、今回「ソロコーナー」でエフェクターを使う事にとても意味があると思います。
WeiWeiさんのブログにも書かれていますが、「一人オーケストラ」のようなイメージを追求しようと試みています。
実際、「オーケストラ」というと少しオーバーかも知れませんが、今回の試みによって、二胡の可能性がまた広がる事に間違いが無いと思います。


先日、そのエフェクターを使っていろいろトライしているWeiWeiさんを見ながら思いました。
ご存知のように、WeiWeiさんはバイオリン出身です。
その実力も、素晴らしいものがあります。
(CDやコンサートで弾いているのでご存知でしょう)
歌も歌います。
そして、以前何度かピアノ弾き語りも披露しています。
もちろん、作曲も作詞もします。

やはり、WeiWeiさんの活動(人生)は、「何かを産み出したい」という事が基本だと思います。
その中心が二胡である事に間違いがありませんが、伝統を重んじ、二胡の「基本の音色」を大切にした上で、さらに新しい可能性と新しい表現を探し求めているのだと思います。
だから、自分を「枠」に嵌める事無く、どんな事にもチャレンジして行くのだと思いました。

今度のSTBでのライブでの「初披露」がどうなるのか、それは当日まで分りませんが、その新しいチャレンジは、きっとこれからのWeiWeiさんの演奏にいろいろな影響を与えるのだと思います。

鳥山さん、小松さんに加え、鳥越さん、大儀見さんという素晴らしいミュージシャン達とのバトルと同じように、一人だけのバトルが本当に楽しみです。


 
♪♪♪♪♪♪
 

(2011.2.13)

2011年2月 6日 (日)

第25回 WeiWei さん IN 「コラボ2」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第25回 WeiWei さん IN 「コラボ2」

今回のテーマは、コラボレーションについての第2弾です。
冒頭にもありますが、先日、鳥山雄司さん(Gt)、小松亮太さん(バンドネオン)のお二人と打合せをして来ました。
そうです、来週2/17(木)に予定されている「World Collaboration Night!」の打合せです。

もう、とにかく「強烈なライブ」になりそうです!(笑)

WeiWeiさん、鳥山さん、小松さんに加え、ベースの鳥越啓介さん、パーカッションの大儀見元さんという、強烈な陣容です。
それぞれのオリジナル曲はもちろん、タンゴの名曲、クラシックの名曲など盛りだくさんの内容です。

打合せは、選曲~曲順を決めた後に、譜面を見ながら1曲ずつ、オリジナルのCD音源を聞きながら構成を決めていきます。
「この曲はアプローチをこう変えよう。ここのソロは誰が弾いて、ここは誰がバッキング、ここをこうしてああして・・・・」と、なにしろ初めての組み合わせだし、「二胡」と「バンドネオン」と「ギター」という、ワールドワイドなコラボなので、実際に「音」を出してみないと何とも言えないけれど、とにかく「ワクワクする」っていう感じで打合せが進行しました。

特に、『Back to the・・・』の時は、鳥山さんも小松さんも「これは大変だ!」と言っていました(これは「ネタバレ」ですね)。
もちろん、百戦錬磨のお二人なので、本番は最高の演奏をしてくれるのは間違いないのですが、実際の演奏がどんな風になるのか、私には想像がつきません。

コラボの楽しみは、まさしく、一流のアーティスト達が「バトル」するところにあると思います。
それぞれのアーティストと楽器の「ルーツ」「感性」「アプローチ」が違うからこそ、それが「バトル」し、その後「融合」することで新しい感動が生まれると思います。

鳥山さんが昨年、今回の企画の最初のミーティングの時に言いました。
「せっかくの企画なんだから、全員で一緒に演奏するだけではなく、それぞれのソロのコーナーがあると良いよね!」
そうです。
「一緒に演奏する楽しみ」と同時に、今回は「それぞれのソロコーナー」も聞き所です。
それぞれのアーティストの個性、それぞれの楽器の特性を「ソロコーナー」で堪能してなおかつ、それが融合するとどうなるのか・・・。
鳥山さんと小松さんのソロコーナーがどんな内容になるか分りませんが、これも、ある意味「バトル」です(笑)。

WeiWeiさんは、この日「初めてトライ」をする予定です(笑)。
WeiWeiさんのブログを読んでいる方は「予想」出来るかも知れませんが、それは「見てのお楽しみ」。
「二胡の新しい可能性」を追求するWeiWeiさんならではのトライです。
ご期待下さい。

いずれにしても、音楽業界注目の今回のイベント。
見逃したら後悔しますよ!!


 
♪♪♪♪♪♪
 

(2011.2.6)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30