« 第22回 「特別寄稿」 | トップページ | 第24回 WeiWei さん IN 「言い間違い」 »

2011年1月23日 (日)

第23回 WeiWei さん IN 「リハーサル」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第23回 WeiWei さん IN 「リハーサル」

冒頭にあるように、「来日20周年記念コンサート」の詳細が決定になりました。
今から本当に楽しみです。
「どんな内容にしようか?!」と、WeiWeiさんの頭の中は超高速回転中(笑)です。
いろんなアーティストのコンサートを観に行ったり、過去の曲順表を見直してみたり、昔の写真を探してみたり・・・、新曲を作っていたり・・・etc。
いやあ、楽しみです(笑)。

さて、今回の「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」は、「リハーサル」について書こうと思います。

と、その前に軽く「閑話休題」を。

先日のリハーサルの日、WeiWeiさんは銀行に行きそびれていて、現金を1,600円しか持ってない、と言っていました。
リハーサルが終了し、次の打合せ場所に行く前に、WeiWeiさんがいきなり言いました。
場所は駅の側の雑踏の中。WeiWeiさんの声はいつもより大きく、
「ちょっと待ってて下さい。銀行に行って、お金をとって来ます!」
(確実に、回りにいた3人が驚いた顔で振り返りました・笑)

もちろん、私にも「キャッシュディペンサーでお金を下ろして来る」という意味だと言う事は分りましたが、人ごみの中で大きな声で
「銀行でお金を盗って来る」と言われたら、ビックリしますよね(笑)。

銀行から戻って来たWeiWeiさんに「軽く」間違いを指摘したら、真顔で言いました。
「『お金を下ろす』という日本語は変です」

言われてみると、確かに「なぜ『おろす』と言うのだろう」と疑問に思ってしまいますね(笑)。
後で、ネットで「お金を下ろす」を調べたら、結構「なぜ?!」と思っている人が多いようで、いろいろな解説が載っていました。

それにしても「とって(=盗って)」という表現はもっと変なので、今後人前では使わないようにお願いしておきました(笑)。

ーーーーーーーーー

今月28日に四谷区民ホールで実施されるチャリティコンサート「アジアの風になって」のリハーサルを、先日、ギターデュオの「いちむじん」さんとやってきました。

「いちむじん」の出身が四国の高知なので、WeiWeiさんが高知に行った時の話や、二胡を弾く「いちむじん」の恩師の方の話などで和んだ後、リハーサル開始です。

ギター二人と二胡だけという、とてもシンプルな編成です。
アコースティックな響きが素晴らしく、とても良いコンサートになりそうです。
ただ、シンプルだからこそ、いろいろな工夫と細部にわたるチェックが必要になります。
「いちむじん」のオリジナル、そしてWeiWeiさんのオリジナル、また、スタンダードな楽曲と、リハーサルは進んで行きます。

「リハーサルは厳しく、本番は楽しく」がWeiWeiさんの基本姿勢です。

「いちむじん」もWeiWeiさんも、お互いの出す「音」にインスパイアされながら、このコラボレーションを楽しみながら、お互いに「要望」を出していきます。
1曲、全体を弾いた後、気になるところを演奏しては止めて、
「ここは、こんな感じで弾いて欲しい」「ここは、こう弾きたいけどいいですか?」など、チェックをしていきます。

普段の「ことば」での会話ではなく、楽器が奏でる「音」の会話。
お互いの感性が一致しないと、「音」が反発して、楽しく聞こえません。
何度か、「音の会話」を続けていくと、不思議な事に別々の楽器が出して「分離」していた「音」たちが一つにまとまって、「融合」し始めます。
そして、一つの「楽曲」として形が作られ始めます。
いつもと違う編成なので、それぞれの曲が新しい服を着ていく感じです。

そんな瞬間に立ち合える事は、私にとって至福の時間です(笑)。

面白いもので、「音」がバラバラに「分離」している間は、ミュージシャンの表情もバラバラなのですが、「融合」し始めると、みんなの顔が同じような表情に変わります。
同時に笑顔が出たりして、それがさらに「音」に良い影響を与えていきます。
おそらく、その場でのたった一人の観客である私の表情も同様だったと思います(笑)。

一通りあたったのですが、それでもいくつか「宿題」を残して、それぞれが練習しておく事で、その日は終了しました。
もう一度、リハーサルをして本番日を迎える事になります。
次回のリハーサルでは、更に楽曲が成長している事だと思います。

そうやって出来上がった楽曲が、「コンサート」という「本番」では、多くのお客さんと共有して、さらに大きな感動に育っていきます。
今週、28日のコンサートがとても楽しみです。

ーーーーーーーーー

2月のSTBでの鳥山さん(Gt)、小松さん(バンドネオン)とのコラボレーションも、本当に楽しみだし、3月の『五星旗』はバンド、そして20周年コンサート。
楽しみなコンサートが目白押しです。

お忙しいと思いますが、どれも素晴らしいコンサートになりそうです。
ぜひお付合い下さい!!

 
♪♪♪♪♪♪
 

(2011.1.23)

« 第22回 「特別寄稿」 | トップページ | 第24回 WeiWei さん IN 「言い間違い」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第22回 「特別寄稿」 | トップページ | 第24回 WeiWei さん IN 「言い間違い」 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31