« 第9回 WeiWeiさん IN 「万博」 | トップページ | 第11回 WeiWeiさん IN 「万博-3」 »

2010年10月 2日 (土)

第10回 WeiWeiさん IN 「万博-2」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第10回 WeiWeiさん IN 「万博-2」

前回の続きです。

その前に、WeiWeiさんの変な日本語シリーズを二つ(笑)。
ある日、ある和食屋さんで昼食を一緒にした時の事です。
お昼の定食用のメニューを見ていたWeiWeiさんが言いました。
「この荷造り、っていうのは何ですか?」
「???」
当然、分かりません。
お昼の定食に「荷造り」はあまりに似合いませんから。
そこで、私がメニューを見ると、そこには
「刺身のお造り定食」!!

もう一つ。
先日のオーチャードでの「live image Nouveau」コンサートの日、会場入りする為に車で向かっている時の事でした。
信号待ちで、停まっているとWeiWeiさんが、横断歩道を渡る白髪混じりの中年のオジさんを見て言いました。
「あの人、YMCOの細井さんに似てますね」
「????」
分かりません。
「誰ですか?」
と聞く私。
「ほら、坂本教授とかと一緒にやっていた・・・」
分かりました?!
「それは、YMOの細野晴臣!」

だんだん「変な日本語」というのとは違って来てしまいましたね(笑)。


さて、上海の続きです。
前回は、危うく万博コンサートの中止の危機を、条件付きですが、最悪の事態だけは免れた、という事をご報告しました。
そして・・・

ーーー

その日のうちに、日本から参加して頂いた皆さん、特別参加の王永徳先生、また現地のスタッフ等々に連絡し、事情の説明と対策を練りました。
やはり、日本から万博のステージに上がる事を楽しみに参加して頂いた皆さんにお伝えする時が一番辛かったです。

しかし、その報告を聞いた皆さんは、一様に寂しそうなお顔をされていましたが、事情が事情なだけに皆さんには、ご納得して頂けました。


翌日は、今回の上海のもう一つの目的=黄浦江でのクルージングでした。
2008年末の『Tears』のコンサートツアーの際、同行してくれた皆さんとの約束=いつの日か黄浦江でのクルージングをして、川の風を感じながら『上海セレナーデ』を演奏しましょう、という約束がいよいよ実現しました。

WeiWeiさんのブログでお読みだと思いますが、本当に楽しいクルージングになりました。
WeiWeiさんのご両親による演奏&歌まで登場し、和気あいあいとした雰囲気の中、翌日実現出来なくなってしまった万博でのコンサートの分まで、皆さんで演奏を楽しんでいました。
なにしろ、2時間のクルージングの間、『上海セレナーデ』はもちろん(私の記憶では3回演奏)、『賽馬』に至っては4回もみんなで演奏し、大いに盛り上がりました。

その余韻に浸りながら、皆さんと銀河賓館ホテルまでバスで一緒に移動し、その後遅れて到着した、今回のピアニストの塩入さんと一緒に遅めの夕食をとる為に宿泊先のホテルに向かうタクシーの中で、また中国側の万博担当者から電話がかかって来ました。

時間は夜の10時過ぎ!!


もう、冷や汗ものです。
かかって来た瞬間、私が思ったのは「やはり中止にして下さい」と言われるのではないか!という事でした。

しかし、それは杞憂に終わりました。
単純な業務連絡で、万博コンサートの入り時間に関する、単純な業務連絡でした。
そばで私の電話を聞いていたWeiWeiさんも、とても心配そうな顔をしていましたが、私が説明すると、心底安心した顔になっていました。

その後、塩入さんと翌日の成功を祈って乾杯をし、その日は翌日に備えて早めに眠ったのでした。

後日譚ですが、WeiWeiさんから聞きました。

「その日は、もう万博からの電話がないよう、願いながら、眠りに入りました。
実際、夢の中では万博側からまた電話がかかって来て、良く覚えていないけれど、すごく辛かった夢を見た」

(更に続きます)

 
♪♪♪♪♪♪
 

(2010.10.2)

« 第9回 WeiWeiさん IN 「万博」 | トップページ | 第11回 WeiWeiさん IN 「万博-3」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第9回 WeiWeiさん IN 「万博」 | トップページ | 第11回 WeiWeiさん IN 「万博-3」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30