« 第8回 WeiWeiさん IN 「衣装フィッティング」 | トップページ | 第9回 WeiWeiさん IN 「万博」 »

2010年8月26日 (木)

第8回 WeiWeiさん IN 「上海」

「マネージャーは見た!」
第8回 WeiWeiさん IN 「上海」

少し久しぶりになってしまいました。
申し訳ありません。
7月は怒濤のライブ月間で、8月はつい夏バテ気味のマネージャーです。
皆さんは夏バテしていませんか?

それにしても、WeiWeiさんは元気です。
New Album発売記念コンサートのあった週は一日置きに4本の本番、その数日後には上海に単独飛んで、上海万博の打合せや現地の雑誌 『Whenever』の取材を受けたりして、戻ってすぐに岡本太郎美術館での野外イベント、さらに数日後、上野での野外JAZZフェスティバルに出演した後にもう一度上海へ・・・。
とにかく、そのパワーには圧倒されます。

今回の「マネージャーは見た!」は、私が初めて上海に行った時の事を書こうと思います。

上海に私は、去年の10月、生まれて初めて行きました。
「二胡サミットIN上海」の時です。

上海に行かれた事のある方も多いと思いますが、私にとって「初上海」は驚きの連続でした。
なにしろ、普通の「ツアー」や「観光」で行ったのではなく、全てを「上海人」であるWeiWeiさんが段取りをしてくれての上海だったので、連れて行かれる場所は全部「地元としての上海人」が行く場所ばかりです。
観光客の行く「上海の名所」にはほとんど行っていません(笑)。

とにかく、「バイタリティ」「活力」といった言葉があれほど似合う都市は、他に無いのではないかと思うほど、上海の街は活気に溢れていました。
上海人であるWeiWeiさんが道に迷うほど、街は変化し続けていて、「ちょっと昼寝をしていたら迷子になる」ほどの変化だろうというの は、少しの間滞在しただけで実感しました。

観光客の乗る特別な電車ではなく、地元の方々が普通に乗る電車で移動した時など、通路にまで人が溢れている(ちょうど日本のお盆時期の満員ぶりに似ている)雰囲気が、それは「特別な事」ではなく、日常茶飯事であり、乗っている人たち誰もが「疲れた顔」をしているわけでもなく、驚いた事に「超満員」で通路に人が溢れている中を「当たり前」のように、ワゴンでものを売りに来たり(当然ですが、人をかき分けてワゴンが進むのですが、誰も文句も言わず、売り子さんも当然のように大きな声を出して売り歩くのです。オモチャやお弁当はまだそれほど驚かなかったのですが、汁の入ったラーメンを売るワゴンが人をかき分けて通った時にはさすがにビックリしました・笑)、その、良く言えば「おおらかな」、悪く言えば「無茶苦茶な」感じは、今の日本人には無い、「元気」がありました。

少し違いますが、WeiWeiさんの持っているバイタリティは、そんな上海の持つバイタリティに似ている気がします。

もう一つ驚いた事があります。
成田からの夜便で上海に行ったのですが、上海に着いて、WeiWeiさんが言いました。
「疲れましたか? 私の良く行くマッサージ屋さんがあるので、行きますか?」
確かに少々疲れていたので、連れて行ってもらう事にしました。
WeiWeiさんの実家のすぐ近くのマッサージ屋さんとの事でした。

「ここです」とWeiWeiさんに言われ、案内されたのは、薄暗い裸電球が奥に見えるだけで、外からはそれが「店舗」である事さえ分からないようなお店でした。
こんな事を言ったら怒られてしまいそうですが、まるで「中国マフィアのアジト」のような、時間も夜の11時を回っていて、周りには誰も人がいないし、地元人のWeiWeiさんがいなかったら、大急ぎで逃げ出したくなるような雰囲気です。
「本当に営業してるんですか?!」と驚く=怖じ気づいている私におかまいなく、さっさと入り口のドアを開けて入って行くWeiWeiさん。
恐る恐る付いて中に入ると、不気味な(失礼)おじいさんが椅子に座ってWeiWeiさんと(当然中国語で)何やら話しています。
私は、不安でいっぱいで、それほど入っていない財布だけど、どこに隠そうか、などと考えていたりしました(笑)。

すると、不気味なおじいさんと話し終わったWeiWeiさんが「全身、90分で良いですか?」と、普通に私に話しかけました。
「・・・・」
答えられない私を気にする事もなく、「じゃあ、そこに横になって、貴重品は下のボックスに入れて下さい」なんて言われて、身体中緊張してしまった私は「これじゃ、逆効果だ!」なんて口に出せずに、言われたままマッサージ台に横になりました。

90分後の結果を言うと、「素晴らしい!」の一言でした!(笑)
最初の緊張など、全く無くなって、本当に上手で、途中眠ってしまうほど気持ちの良いマッサージでした。
蚊に食われたのは、ちょっと後から辛かったのですが(笑)、緊張も解け、身体中リラックス、しかも、90分で日本円で1,000円ほど!
ビックリです。
なにしろ、昔年の「50肩」まで楽になったほどでした(笑)。

話がそれてしまいましたが、いよいよもうすぐ、上海万博でのWeiWei Wuuコンサートが開催されます。
9/20(月)、会場は上海万博音楽クラブ。

WeiWeiさんの生まれ故郷である上海。
その故郷である上海でコンサートを実施する事だけでも特別ですが、会場が万博である事は、ある意味でWeiWei Wuuの音楽を全世界に向かって発信すると言う意味合いがあります。
いつの日か、世界中を演奏旅行したいという夢を持つWeiWeiさんにとって、その第1歩のような感覚だと思います。

また、もう一つ大きな意味は、WeiWeiさんの教える二胡教室の生徒さんたちとの共演です。前半はWeiWei Wuuコンサート。後半は、日本人の二胡愛好家約50人がWeiWeiさんと一緒に演奏するのです。
二胡の本場中国で、多くの日本人が中国の人たちに向かってWeiWei Wuuと一緒に演奏するという事は、快挙と言って良いでしょう。

その模様は、帰って来たらまた報告します。
上海万博に一緒に行かれる方、ぜひ楽しんで下さい。
残念ながら参加出来ない方、次の機会には是非ご一緒しましょう。

大きく変化し続けている上海。
ぜひ、機会を作って行ってみて下さい!


 
♪♪♪♪♪♪
 

(2010.8.26)

« 第8回 WeiWeiさん IN 「衣装フィッティング」 | トップページ | 第9回 WeiWeiさん IN 「万博」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第8回 WeiWeiさん IN 「衣装フィッティング」 | トップページ | 第9回 WeiWeiさん IN 「万博」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31