« 第4回 WeiWeiさん IN 「レコーディング」 | トップページ | 第6回 WeiWeiさん IN 「レコーディング3」 »

2010年5月24日 (月)

第5回 WeiWeiさん IN 「レコーディング2」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第5回 WeiWeiさん IN 「レコーディング2」

<前回の続きです>

新曲『Back to the・・・』が出来た時、WeiWeiさんが私に言いました。
「新曲のタイトルは『Back to the・・・』です!」
私はそれを聞いて「『Back to the・・・』?! バック・トゥ・ザの後は何ですか?」と聞くと、
WeiWeiさんが言いました。
「そこが一番大切なんです。『・・・』が一番!(笑)」
私は返事が出来ませんでした。
WeiWeiさんは笑っていましたが、冗談を言っている雰囲気でもありません。
すぐに思いついたのは映画の「バック・トゥ・ザ・フューチャー」ですが、そんな事を言ったら、なんだか失礼な気がして、ちょっとだけ工夫して言いました。
「過去ですか? 未来ですか?」

見事に笑われました・・・。
私の工夫など見透かされていたようで、でもWeiWeiさんは私を馬鹿にした感じではなく、優しい先生が生徒に教えるような感じで言いました。
「この『・・・』は、この曲を聞いてくれた人たちが、自分で考えて欲しいのです。
『どこに帰るのか』それは、場所でも時間でも何でも良いのです。
自分の心の中を良く覗き込んでみて、自分の帰りたい『・・・』を考えてもらえればそれが一番嬉しいのです。
もちろん、私には私の『帰りたい場所』『帰りたい瞬間』『帰りたい感情』、いろいろな『・・・』があります。一つじゃありません。
だからこそ、聞いてくれた人にも自由に考えて欲しいと思っています。」


数日後、WeiWeiさんからまた言われました。
「また、新曲が出来ました。今度のタイトルは『空』と書いて『Kuu』と読みます。」

私のコメントを待つまでもなく、WeiWeiさんが説明をしてくれました。
「目黒の駅で、マネージャーさんと上海の話をしていた時に、思いつきました。
今の私にとっての、上海・・・。本当にいろいろな意味の『思い』が詰まっている『上海』の曲を書きたいと思って出来た曲です。」


「東京meets上海」
それが今回のアルバムのテーマですが、それは単に「東京」と「上海」という二つの都市での物語りではなく、それぞれの街でWeiWeiさん自身が過ごして来た年月と、歴史、それぞれの街の持つ雰囲気、その結果、今の自分の持っている感情、喜びも不安も含めた、いろいろな思いをアルバムに込めています。


それから数ヶ月の間、WeiWeiさんは本当にたくさんの新曲を書きました。
新曲と同様に、いろいろな「名曲」の演奏にもトライしていました。

いよいよレコーディングの話が進み始め、フジテレビの『僕らの音楽』や数々の映画音楽のプロデュース、また一青窈さんなど多くのアーティストのプロデュースをされている、武部聡志さんにプロデュースをお願いする事になりました。
その、武部さんとの最初の話し合いの時に出たのが、「ベスト・オブWeiWei Wuu」という言葉でした。

いろいろな企画やテーマに沿ったアルバムを作るのも、とても意義のある作業ですが、今度のアルバムは「WeiWei Wuu」という「アーティストの全て」を出来る限り表現したい、ということでみんなの意見がまとまりました。

「東京meets上海」というテーマが、まさしく「今のWeiWei Wuu」を語っている。
そんなアルバムに出来れば、素晴らしいアルバムになるという事が、ミーティングに参加した全員の意見でした。
そこには、「クラシカルな感じ」とか「二胡の持っている癒し」とかいった事ではない、言ってみれば「何でもあり」という、もしかするとまとめるのがとても難しい事かも知れませんが、だからこそトライする価値のある、テーマだったと思います。

続く

 
 
♪♪♪♪♪♪
 

(2010.5.24)

« 第4回 WeiWeiさん IN 「レコーディング」 | トップページ | 第6回 WeiWeiさん IN 「レコーディング3」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第4回 WeiWeiさん IN 「レコーディング」 | トップページ | 第6回 WeiWeiさん IN 「レコーディング3」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30