« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月15日 (月)

第2回 WeiWeiさん IN 「入道雲」

「マネージャーは見た! いつものWeiWeiさん」
第2回 WeiWeiさん IN 「入道雲」

みなさん、こんにちは!!
WeiWeiさんのマネージャーです。

前回の第1回はどうでしたか?!
え?!
あんな事を書いてWeiWeiさんから怒られなかったか、って?!
全然怒られていません。
むしろ、喜ばれました!!

さてさて、第2回目の今回は、知っている人は知っているけれど知らない人は知らない、題して「入道雲事件!!」のお話です。

昨年、大成功をおさめた「二胡サミット」は、まだ記憶に新しいですが、その模様と特別インタビューがNHKの「中国語講座」で流れましたよね!
皆さんご覧になりましたか?
番組のOA後、私のところに来た感想は(聞いたところによると、WeiWeiさんのところにも)、何と!
「WeiWeiさんは、中国語がお上手ですね!!」
中国、上海の出身なのだから、中国語が上手で当たり前なのですが、普段私たちはWeiWeiさんの話す「日本語」しか聞いていません。しかも、かなり流暢な日本語ですよね。だから、ついつい「中国人」だという事を忘れてしまいます。
いつも、「日本語を話すWeiWeiさん」が、流暢に中国語を話すと、かえって珍しく思ってしまうのは、ある意味で仕方ないのかも知れません。

しかし!
あれほど流暢に日本語を話すWeiWeiさんですが、時々「え?!」って思うような、簡単な日本語の単語を知らなかったりするんですよ!!
それが、一部の人に有名な「入道雲」の話なんです。

去年の6月、銀座SWINGでライブがありました。
Pf太宰さん、Dr石川さん、Bs佐藤さん、Gt越田さんの「いつもの」メンバー(The KIDS)とのライブでした。
そこで、新曲の「夏」を演奏する時でした。
WeiWeiさんがGtの越田さんに言ったのです。
WeiWeiさん「タロマさん(越田太郎丸さん)は、夏と言えば何をイメージしますか?」
越田さん「そうですね~、夏と言えばやっぱり入道雲ですかね・・・」
WeiWeiさん「・・・」
越田さん「・・・」
ライブだというのに、会話(MC)が止まってしまいました。
しかし、越田さんがすぐに気がついて
越田さん「あ、入道雲って言う言葉知らないですか?!」
WeiWeiさん「・・・ええ、何ですか?」
越田さん「積乱雲と言って、夏の空にもくもくと浮かぶ雲の事です」
WeiWeiさん「・・・ああ、良かった~~~。私はてっきりスパイダーの蜘蛛の事だと思いました~~!!」

その日のライブを観た人にしか分からないと思いますが、とにかく越田さんが「入道雲」と言った時のWeiWeiさんの「複雑な表情」は「絶品」でした。
「理解を超えたこと=超常現象」を目の前にすると、人はどうしようもなくなるんですよね(笑)。
あの時のWeiWeiさんの顔は、まさしくそんな表情でした。
私が想像するには、越田さんが「入道雲」と言った瞬間に、WeiWeiさんの頭の中は、まるで映画の「インディジョーンズ」に出て来るような「蜘蛛」の大群が押し寄せたのだと思います(笑)。
場所は銀座SWINGのステージ。そこでのMCの最中に突然「蜘蛛の大群」がWeiWeiさんを襲った訳です。
パニックになるのも分かりますよね(笑)。
でも、WeiWeiさん以外はお客さんを含めて全員「にゅうどうぐも」の正体を知っています。
しかも、あれほど日本語を上手に話すWeiWeiさんが「入道雲」を知らないとは思ってもいません。
そのギャップがさらにWeiWeiさんをパニックに落とし込んだのだと思います。


WeiWeiさんといろいろ話していると、時々「その言葉の意味が分からない!!」という顔をする事があります。
そんな時のWeiWeiさんの表情は、まるで子供のような顔になります。


それ以来、WeiWeiさんにとって「入道雲」はプチ・トラウマになったようです(笑)。

その夏、森山良子さんのコンサートを横浜に観に行きました。
少し早めに横浜に着いた時、山下公園で「入道雲」を見る事ができました。
私が「あれが入道雲ですよ」と説明したら、WeiWeiさんはとても嬉しそうに
「あ~~~~、あれが『入道雲』!!! もう、忘れません!!」
と言いました。

トラウマが消滅したような、とてもすっきりした顔でした。


さてさて、また長くなってしまったので今回はこの辺で!!

次回をお楽しみに!!


 
 
♪♪♪♪♪♪
 

(2010.3.15)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30